ベイト工法┃富士市シロアリ.com

バッチリ白蟻対策したい方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲

シロアリ防除“維持管理型ベイト工法”

シロアリ駆除“維持管理型ベイト工法”についてご説明致します。

 

アゴラトラップ設置でシロアリ被害を巣から断ちます!

 

“アゴラトラップ”とは、家の周囲に埋設するもの。これでシロアリをトラップ内部の餌木に集めるんです。特殊なので土中の水、土砂の侵入を防ぎます。更にはシロアリだけにターゲットを絞った予防と駆除が出来る優れ物です。

 

シロアリの被害が二階の場合は、“地上設置型ベイトボックス”でシロアリをおびき寄せます。
※軒下などに設置します。

 

コンクリート用もあり、土間コンクリートの場合はコンクリート用ステンレスキャップを使用。

 

“維持管理型ベイト工法”はシロアリの防除を目的としてベイト剤を使用し、施工当初及び防除施工後に加害しているシロアリのコロニー及び、施工後に形成されるシロアリのコロニーを駆除する防蟻工法。新築予防、駆除に使用するために必要なベイト剤を使った維持管理型のシロアリ防除工法。

 

薬剤が散布出来ない場所で行う駆除の時に適しています。

 

シロアリは“木材”よりも“ベイト剤”をよく食べます。なので、食害が止まるまでベイト剤を入れ続けるんです。“食害”が止まったら完了とみて、新しい誘導木を再設置して監視を続けます。

 

“アゴラトラップ”は

 

@薬剤を極微量しか使わない。
@シロアリの巣ごと絶滅することが出来る。
@薬剤を直接建物に散布しません。

 

そんな“アゴラトラップ”は
平成24年に特許を取得したんです。

バッチリ白蟻対策したい方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲