白蟻の羽蟻が発生する時期┃富士市シロアリ.com

バッチリ白蟻対策したい方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲

シロアリの羽蟻が発生する時期について。

シロアリの羽蟻が発生する時期についてお話します。“シロアリ”と“蟻”とでは羽蟻の出る時期が異なるのをご存知ですか?

 

シロアリの場合だと、特徴は羽蟻が発生する期間が短いことが特徴です。最も発生しやすい時は、天気が良くて風があまり吹いていない、ちょっと蒸した様な日。そんな感じの日には、午前中に多く発生します。

 

屋内で発生する場合、食害部分よりも比較的に高い場所に穴を開け、飛び出してきます。

 

何故かと言うと、シロアリの羽蟻は飛ぶ力が弱いので、高い所から飛び出そうとする性質があるからなんです。そのため、『二階に被害はないのに二階部分の天井から羽蟻が発生した!』という事があります。

 

イエシロアリが発生する時期は6月〜7月にかけての夕方以降。その特徴は電灯に群がること。羽は黄色がかかった金色に近い色。形はシロアリそのものですから、同時期に羽化する蟻(シロアリ以外)と違う形で見分けるようにしたら良いかもしれません。

 

ちなみに梅雨の季節。五月下旬から一般的な蟻の羽蟻が発生し始めますが、ヤマトシロアリの場合、梅雨以降に発生することは少なくとも無いようです。ですから、ヤマトシロアリと蟻とで、羽蟻の発生時期が重なることは殆どありませんから、知識として覚えておきましょう。

バッチリ白蟻対策したい方へ

▲▲ リフォーム無料見積もり ▲▲